純正オイルは不要!「エンジンの性能」を劇的に上げる秘訣 | 由利本荘市 車検・整備

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車検・整備
  • 純正オイルは不要!「エンジンの性能」を劇的に上げる秘訣 | 由利本荘市 車検・整備

純正オイルは不要!「エンジンの性能」を劇的に上げる秘訣

 「エンジンオイルは良いものを入れればいい」は間違った考え

エンジンの寿命や状態を大きく左右するオイルは、少しでも良いものを入れたくなるもの。しかし、良かれと思って入れたオイルがトラブルを招いてしまうこともあります。

そこで、エンジンオイルを交換する際の重要なポイントを3点解説していこうと思います。

 エンジンごとに使えるオイルが定められている

エンジンオイルはエンジン内の金属パーツを潤滑し、摩耗を防ぐ重要な役割を果たしています。エンジンオイルにより、エンジンの内部が保護され、効率的に動作させるだけではなく、オイルは冷却作用も持ち、エンジン内部の温度を下げるとともに金属表面を洗浄する効果もあります。

そこでよく純正品とは異なる高性能なオイルを使用することが行われます。これによってエンジンの保護性能が向上し、パワーやトルクの向上、そして燃費の改善などの効果が期待されます。

 粘度は純正指定から変えてはいけない

純正とは異なるオイルを使うときに気をつけたいのは粘度です。

10W-40という表記の場合、左側の10Wとはマイナス25度の環境で性能を維持することが出来るという意味で、右側の40はオイルの粘度を示しています。数字が大きくなるほど粘度が増し、硬くなっていきますが、オイルの粘度を上げるとドロドロして、なかなかオイルがオイルパンに戻って来なくなってしまいます。

一方、逆に粘度が低いオイルを使う油膜も切れやすく、とくに高温になると金属表面を潤滑しきれず、ダメージを及ぼしてしまうこともあり、レーシングカーだったりすると粘度が高いオイルが使用されます。

ただ、一般的な最近の車両では、純正指定オイルの粘度が燃費向上などを狙って下がってきており、そのオイル粘度に合わせたオイル量やリターン通路の設計なので、そこに良かれと思って粘度の高いオイルを入れると簡単に油膜切れを起こしてしまうことがあるというわけです。

 愛車にあった「規格」なのかも要確認

エンジンオイルにはさまざまな規格があり、アメリカ石油協会が定めるAPI規格はSAからSPまで13種類あります。自動車メーカーもオイルの規格を指定しており、「SN規格のオイルを使用」といった表記が見られます。

特に注意が必要なのはSP規格に適合したエンジンです。最近増えているダウンサイジングターボエンジンに多く使われており、LSPI(低速早期着火)に対応しています。LSPIはダウンサイジングターボエンジンで低回転からブーストを掛けた際に起きる異常に早い着火を指し、これによってエンジンに大きなダメージを与える可能性があるため、SP規格のオイルで対応する必要があります。

現在のエンジンはノックセンサーが搭載されているため、即エンジンブローにはなりにくいですが、ノッキングを検知することでエンジンのパワーが制限される可能性があります。これにより本来のエンジン性能や燃費性能が発揮されなくなるため、愛車のオイル規格を確認し、適切なオイルを選択することが重要です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  秋田県由利本荘市で車のことなら東幸自動車(ロータス東幸/ジョイカル本荘インター店)にお任せください

東幸自動車(ロータス東幸/ジョイカル本荘インター店)は秋田県由利本荘市に根付いて創業40年以上、年間入庫台数は5,000台以上と地域トップクラスの実績を誇る街の車屋さん。技術・設備において国の厳しい基準をクリアした指定整備工場なので、車検から修理・整備まで安心してお任せいただけます。また、地域有数のスズキ・ダイハツの特約店なので、スズキ・ダイハツ車は他店よりお求めやすい価格でご提供しております。

由利本荘市の方はもちろん、秋田市、にかほ市、横手市などにお住まいの方もお気軽にお問合せください。

TEL.0184-25-8031

お問合せフォームはこちら

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
お見積り